Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

write

`write(FILEHANDLE)'
`write(EXPR)'
`write'
レコードをフォーマットして(複数行でもよい)指定したファイルに出力する。 その際、そのファイルに指定されているフォーマットを用いる。 デフォルトではファイルのフォーマットはファイルハンドルと同名のものだが、 カレント出力チャンネル(select 参照)のフォーマットは フォーマットの名前を $~ に指定することで明示できる。 See section $ ̄ : 出力チャンネルの現在のレポートフォーマット名 for $~. 整形操作は自動的に行われる。 現在のページにフォーマットしたレコードに対して充分な余裕がない場合は 改頁を出力して次のページに移り、 新しいページのヘッダーをフォーマットするには 特殊なページ先頭フォーマットが使われ、 こうしてレコードが出力される。 デフォルトではページ先頭フォーマットは ファイルハンドル名に "_TOP" をつけたものであるが、 ファイルハンドルが select されている時に $^ に代入することで 好みのフォーマットに動的に変更することができる。 See section $^ : 出力チャンネルの現在のページトップ名 for $^. 現在のページに残っている行数は変数 $- に入っており、 これを 0 にセットして強制的に新しいページに入ることができる。 FILEHANDLE を指定しない場合は、 出力は現在のデフォルト出力チャンネルになされる。 これは最初は STDOUT で、select を用いて変更可能である。 FILEHANDLE が expression の場合は、実行時に expression が評価され、 その結果の文字列が FILEHANDLE の名前として用いられる。 format についての詳細は、Format の章を参照のこと。
See section フォーマット. 注意: writeread の反対ではない

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー