Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

syswrite

`syswrite(FILEHANDLE,SCALAR,LENGTH,OFFSET)'
`syswrite(FILEHANDLE,SCALAR,LENGTH)'
システムコール write(2) を用いて、 指定したファイルハンドルに 変数 SCALAR から LENGTH バイトのデータを書き込む。 これは stdio を経由しないので、 print と一緒に使うと混乱することがある。 実際に書き込んだバイト数を返す。エラーがあった場合は undef を返す。 書き込むデータを文字列の先頭からではなく別の位置から取り出すために、 OFFSET を指定してもよい。

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man