Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

read

`read(FILEHANDLE,SCALAR,LENGTH,OFFSET)'
`read(FILEHANDLE,SCALAR,LENGTH)'
指定した FILEHANDLE から、 LENGTH バイトのデータを読んで SCALAR に格納する。 実際に読み込んだバイト数、またはエラーがあれば undef を返す。 SCALAR は実際に読んだバイト数に合わせてサイズが変わる。 OFFSET を指定すると、 読んだデータを文字列の先頭ではなく他の場所に格納する。 これは実際には、 stdiofread コールを用いてインプリメントしている。 本当の read システムコールを使いたければ、sysread を参照せよ。See section sysread.

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man