Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

print

`print(FILEHANDLE LIST)'
`print(LIST)'
`print FILEHANDLE LIST'
`print LIST'
`print'
文字列またはコンマで区切られた文字列のリストを出力する。 成功すれば non-zero を返す。 FILEHANDLE は ファイルハンドルの名前を値として持つスカラー変数名でもよい。 こうすると、1 レベルの間接的な出力ができる。 (注意: FILEHANDLE が変数で、次のトークンが文の終わりの場合は それが演算子と誤解釈される可能性があるので、間に + を入れるか、 引数に括弧をつけるかしなければならない。) FILEHANDLE を省略すると、 デフォルトでは標準出力(または最後に select された出力チャンネル --- select() 参照 See section select.)に出力する。 LIST も省略すると、$_STDOUT に出力する。 デフォルトの出力チャンネルを STDOUT 以外のものにするには、 select演算子を使用する。 注意:
printLIST を引数に取るので、 LIST の要素は全て配列のコンテキストで評価され、 またサブルーチンをコールすると その 1 つ以上の expression は配列のコンテキストで評価される。? また、キーワード print の後に左括弧はつけないように注意する必要がある (print への引数を区切る --- + を間に入れるか全引数を括弧で囲む --- ために対応した右括弧をつけたい場合を除いて)。

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man