Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

pipe

`pipe(READHANDLE,WRITEHANDLE)'
対応するシステムコールと同様、接続されたパイプのペアをオープンする。 パイプでつながったプロセスのループは、 注意深くやらないとデッドロックを起こすので注意。 さらに、perl のパイプは stdio のバッファリングを使うので、 アプリケーションによっては、 WRITEHANDLE をコマンド毎にフラッシュするために、 $| をセットする必要があるかもしれない。 See section $| : write または print の後にフラッシュを行うか否か for $|. [perl 3.0 パッチレベル 9 以上が必要。]

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man