Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

open

`open(FILEHANDLE,EXPR)'
`open(FILEHANDLE)'
`open FILEHANDLE'
ファイル名が EXPR で指定されるファイルを open し、 FILEHANDLE と結び付ける。 FILEHANDLE が expression の場合は、 その値が実際のファイルハンドルの名前として用いられる。 EXPR を省略した場合、 FILEHANDLE と同名のスカラー変数がファイル名を持つ。 成功すれば non-zero を返し、そうでない場合は undefined を返す。 open がパイプを含む場合、返り値はサブプロセスの pid になる。
$article = 100;
open article || die "Can't find article $article: $!\n";
while (<article>) { ...

open(LOG, '>>/usr/spool/news/twitlog');
                # (log は予約語である)

open(article, "caesar <$article |");
                # 記事を decrypt する

open(extract, "|sort >/tmp/Tmp$$");
                # $$ は現在のプロセス #

# 引数のファイルリストについて
# それがインクルードするファイルも含めて処理する

foreach $file (@ARGV) {
     do process($file, 'fh00');    # no pun intended
}

sub process {
     local($filename, $input) = @_;
     $input++;      # これは文字列のインクリメントである
     unless (open($input, $filename)) {
          print STDERR "Can't open $filename: $!\n";
          return;
     }
     while (<$input>) {       # 間接指定に注意
          if (/^#include "(.*)"/) {
               do process($1, $input);
               next;
          }
          ...       # whatever
     }
}
Bourne shell の慣習で、EXPR`>&' で始めても良い。 この場合、残りの文字列は ファイルハンドル (または数値ならば ファイルディスクリプタ)と解釈され、 dup され、open される。 `&'`>', `>>', `<', `+>', `+>>', `+<' の後で用いて良い。 指定するモードは元のファイルハンドルと同じでなければならない。 以下のスクリプトは STDOUT および STDERR を保存し、 リダイレクトし、元に戻す。
#!/usr/bin/perl
open(SAVEOUT, ">&STDOUT");
open(SAVEERR, ">&STDERR");

open(STDOUT, ">foo.out") || die "Can't redirect stdout";
open(STDERR, ">&STDOUT") || die "Can't dup stdout";

select(STDERR); $| = 1;       # バッファリングなしにする
select(STDOUT); $| = 1;       # バッファリングなしにする

print STDOUT "stdout 1\n";    # これはサブプロセスでも
print STDERR "stderr 1\n";    # 働く

close(STDOUT);
close(STDERR);

open(STDOUT, ">&SAVEOUT");
open(STDERR, ">&SAVEERR");

print STDOUT "stdout 2\n";
print STDERR "stderr 2\n";
コマンド `-' を用いてパイプを open する場合、 すなわち `|-' または`-|' の場合、 暗黙の内に fork がなされ、 open の返り値は親プロセスでは子プロセスの pid、 子プロセスでは 0 になる。 (open が成功したかどうかは defined($pid) で確かめる。) ファイルハンドルの挙動は親プロセスでは通常と同じであるが、 そのファイルハンドルへの i/o は 子プロセスの STDOUT/STDIN にパイプされる。 子プロセスではファイルハンドルは open されていない --- i/o は新たな STDOUTから/STDIN に なされる。 良く使われるのは、例えば setuid で走らせているときなど、 パイプコマンドの実行状態をコントロールしたい時や、 シェルコマンドにメタキャラクターがあるかどうかをチェックしたくない時である。 次の 2 つのペアはそれぞれある程度(more or less)同等である。
open(FOO, "|tr '[a-z]' '[A-Z]'");
open(FOO, "|-") || exec 'tr', '[a-z]', '[A-Z]';

open(FOO, "cat -n '$file'|");
open(FOO, "-|") || exec 'cat', '-n', $file;
明示的にパイプされたファイルハンドルを close すると 親プロセスは子プロセスが終了するのを待ち、status 値 $? が返り値となる。 注意:
fork を行う操作においては、 フラッシュされていないバッファは両方のプロセスにおいてフラッシュされずに残る。 つまり、二重に出力されるのを避けるには、 $| をセットしなければならない。See section $| : write または print の後にフラッシュを行うか否か for $|. open に渡されるファイル名は最初や最後のスペースを取り除かれる。 名前におかしな文字が含まれるファイルを open するには、 次のようにして前後のスペースが取り除かれないようにしなければならない。
$file =~ s#^(\s)#./$1#;
open(FOO, "< $file\0");

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man