Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

eof

`eof(FILEHANDLE)'
`eof()'
`eof'
FILEHANDLE に対する次の読み込みが end of file を返すか、 FILEHANDLEopen されていない場合、1 を返す。 FILEHANDLE は ファイルハンドルの名前を値に持つ expression でもよい。 (注意: この関数は実際には 1 文字読み込んでそれを ungetc するので、 インタラクティブなコンテキストではあまり有用ではない。) 引数なしの eof は最後に読み込んだファイルの eof status を返す。 空の括弧 () は、コマンドラインで指定されたファイルから作られる 擬似ファイルを指定するのに使われる。 即ち、eof()while (<>) の中で 最後のファイルの終わりを検出するために使う時のみ意味がある。 while (<>) ループの全てのファイルの終わり検出のためには、 eof(ARGV) か 括弧のない eof を使うべきである。
# 最後のファイルの最後の 1 行前にダッシュを入れる
while (<>) {
     if (eof()) {
          print "--------------\n";
     }
     print;
}

# 各入力ファイルごとに行番号をリセットする
while (<>) {
     print "$.\t$_";
     if (eof) {     # eof() ではない。
          close(ARGV);
     }
}

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man