Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

utime

`utime(LIST)'
`utime LIST'
リストしたファイルの全てについてアクセス時刻と変更時刻を変更する。 リストの最初の 2 要素は数値でなくてはならず、アクセス時刻、変更時刻の順である。 変更に成功したファイルの数を返す。 各ファイルの inode の変更時刻は現在時刻にセットされる。 `touch' コマンドの例:
#!/usr/bin/perl
$now = time;
utime $now, $now, @ARGV;

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man