Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

stat

`stat(FILEHANDLE)'
`stat FILEHANDLE'
`stat(EXPR)'
`stat SCALARVARIABLE'
FILEHANDLE でオープンされているか、 ファイルネームが EXPR である ファイルの statistics を表す 13 要素の配列を返す。 典型的には以下のように使用する。
($dev,$ino,$mode,$nlink,$uid,$gid,$rdev,$size,
   $atime,$mtime,$ctime,$blksize,$blocks)
       = stat($filename);
stat に特殊なファイルハンドルとしてアンダーラインを指定すると、 stat を行わず、 最後の stat または ファイルテストの結果である stat 構造体の内容を返す。
if (-x $file && (($d) = stat(_)) && $d < 0) {
     print "$file is executable NFS file\n";
}
(この例は NFS のデバイス番号が負になるようなマシンでのみ動作する。)

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man