Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

grep

`grep(EXPR,LIST)'
LIST の全要素について EXPR を評価し (各要素を $_ にセットしながら)、 expression が true であると評価された要素からなる配列を返す。 スカラーのコンテキストでは、expression が true となった回数を返す。
@foo = grep(!/^#/, @bar);    # コメントを無視する
注意: $_ は配列値への参照となっているので、 配列要素を変更するのに用いることができる。これは便利である一方、 LIST が名前のついた配列でない場合には、ちょっと変な結果を返すことがある。

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man