Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

each

`each(ASSOC_ARRAY)'
`each ASSOC_ARRAY'
連想配列の、キーと次の値への値?からなる 2 要素の配列を返す。 従って、繰り返しができる。エントリーはランダムな順序で返ってくる。 全配列を読み終えると、 ヌル配列が返る(これは代入された場合は FALSE すなわち 0 になる)。 この後続けてコールすると繰り返しを再び始める。 繰り返し情報は全ての配列を読むことによってのみ初期化される。 繰り返しの途中では配列を変更してはいけない。 繰り返し情報は各連想配列に一つずつあり、 プログラム中の 全ての each(), key(), values() 関数コールで共有される。 次の例では printenv のように環境をプリントアウトするが、順番が異なる。
while (($key,$value) = each %ENV) {
     print "$key=$value\n";
}
See section keys, and See section values.

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man