Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

delete

`delete $ASSOC{KEY}'
指定した連想配列から、指定した値を削除する。 削除された値を返すか、何も削除されなかった場合は undefined value を返す。 dbm ファイルに bind された連想配列を削除すると、 dbm ファイルのエントリを削除する。 以下の例では連想配列の全ての値を削除する。
foreach $key (keys %ARRAY) {
     delete $ARRAY{$key};
}
(が、reset コマンドを使った方が速いだろう。 undef %ARRAY はもっと速いだろう。)

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man