Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

substr

`substr(EXPR,OFFSET,LEN)'
`substr(EXPR,OFFSET)'
EXPR から文字列を取り出し返す。1 文字目はオフセット 0 であるが、 $[ にセットすることで変えることができる。OFFSET が負の場合は、 文字列の終わりからその数分戻った所から始める。 LEN を省略すると、文字列の残り全部を返す。 substr() 関数は左辺値として使うこともできるが、 この場合 EXPR が 左辺値でなくてはならない。 LEN よりも短いものを代入すると、その文字列は短くなり、 LEN よりも長いものを代入するとそれに合わせて長くなる。 文字列の長さを変えない場合は sprintf を用いて パディングまたは切捨てをしなければならない。 See section $[ : 配列の最初の要素や、サブストリングの最初の文字の添え字.

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man