Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

スクリプトの指定方法

起動時、perl は次の順序でスクリプトを探す。

  1. コマンドラインの -e スイッチで 1 行ずつ指定するスクリプト。
  2. コマンドラインの最初のファイル名で指定されるファイルに含まれるスクリプト。 (#! 指定をサポートするシステムにおいては、 この方法でインタプリタが起動される)
  3. 暗黙的に標準入力から渡されるスクリプト。 これは引数にファイル名が一つもない場合だけである。 標準入力のスクリプトに引数を渡すには、スクリプト名として 明示的に `-' を指定しなければならない。

スクリプトが見つかると、perl はそれを内部形式にコンパイルする。 スクリプトが文法的に正しければ、実行される。


Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man