Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

診断

コンパイルエラーはエラーの起こった行番号に加えて、 次に解析されるはずだったトークンまたはトークンの種類を教えてくれる。 (-e オプションを通して perl に渡されるスクリプトの場合は、 各々の -e が 1 行と数えられる。)

さらに Setuid スクリプトの場合には、 `Insecure dependency' のようなエラーメッセージを起こす場合がある。 Setuid scripts の項を参照。See section Setuid スクリプト.


Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man