Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

%SIG : signal ハンドラのリスト

%SIG : さまざまな signal に対応するハンドラをセットする。

(例)

sub handler {  # 1st argument is signal name
     local($sig) = @_;
     print "Caught a SIG$sig--shutting down\n";
     close(LOG);
     exit(0);
}

$SIG{'INT'} = 'handler';
$SIG{'QUIT'} = 'handler';
...
$SIG{'INT'} = 'DEFAULT'; # デフォルトのアクションに戻す
$SIG{'QUIT'} = 'IGNORE'; # SIGQUIT を無視する

配列 SIG は perl スクリプトでセットされた signal に対応する値しか 含まない。


Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man