Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

$! : errno の現在値またはシステムエラー文字列

$! : errno の現在値またはシステムエラー文字列

数値のコンテキストで使うと、 通常出される警告と共に errno の現在の値を返す。 (つまり、システムエラーを示す特定のエラーが返ったのでないかぎり、 $! の値は意味がないことになる。)

文字列のコンテキストで使うと、システムエラー文字列を返す。

errno をセットするために $! に代入することができる。

例えば、$! にエラー n に対応する文字列を入れて返す場合、 または die 関数の終了値をセットしたい場合、など。

覚え方:
What just went bang?


Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man