Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

$| : write または print の後にフラッシュを行うか否か

$| : write または print の後にフラッシュを行うか否か

非 0 にセットすると、現在セレクトされている出力チャンネルに対する 全ての write または print の後にフラッシュを行う。 デフォルトは 0 である。

STDOUT は端末への出力は行バッファリングされ、 それ以外はブロックバッファリングされることに注意。 この変数をセットすると、perl スクリプトを rsh の下で走らせて、 何が起こっているかをその時に見たい場合など、パイプに出力する際に便利である。

覚え方:(?)
(when you want your pipes to be piping hot.)


Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man