Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

dump

`dump LABEL'
ただちにコアダンプする。 そもそもこの機能はコアダンプから undump プログラムを使って 実行可能なバイナリ(プログラムの先頭であらかじめ変数が初期化されている)を 作ることができるようにしたものである。 できたバイナリを実行すると `goto LABEL' を最初に実行する (goto がもつ制限は全て適用される)。 dump は コアダンプをはさんだ goto + 再スタート と考えればよい。 LABEL を省略すると、プログラムの先頭から再スタートする。 警告: dump の時点でオープンされていたファイルはすべて プログラムが再生した時にはオープンされない (perl の側からみると混乱するため)。 -u オプションも参照のこと。See section コマンドラインオプション.
#!/usr/bin/perl
require 'getopt.pl';
require 'stat.pl';
%days = (
    'Sun',1,
    'Mon',2,
    'Tue',3,
    'Wed',4,
    'Thu',5,
    'Fri',6,
    'Sat',7);

dump QUICKSTART if $ARGV[0] eq '-d';

QUICKSTART:
 do Getopt('f');

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man