Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

fork

`fork'
fork() コールを行う。親プロセスには子供のプロセス ID を返し、 子プロセスには 0 を返す。 注意:
両方のプロセスにおいてフラッシュされていないバッファは フラッシュされずに残るので、 だぶって出力されるのを防ぐには、 $| をセットする必要がある。 See section $| : write または print の後にフラッシュを行うか否か for $|.

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man