Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

die

`die(LIST)'
`die LIST'
eval の外では、LIST の値を STDERR に出力し、 現在の $! (errno) で exit する。 もし $! が 0 なら、 ($? >> 8 ) (`command` のステータス) で exit する。 もし ($? >> 8 ) が 0 なら、255 で exit する。 eval の中では、エラーメッセージが $@ に入り、 eval が undefined value で終了する。
die "Can't cd to spool: $!\n"
    unless chdir '/usr/spool/news';
  
chdir '/usr/spool/news' || die "Can't cd to spool: $!\n"
EXPR の値が改行で終わらない場合は、 スクリプトの現在の行番号および(もしあれば)入力行番号も表示され、 改行が付け加えられる。 ヒント: メッセージに `, stopped' を付け加えておくと、 `at foo line 123' が付け加えられた時によりわかりやすい。
die "/etc/games is no good";
die "/etc/games is no good, stopped";
はそれぞれ次のように出力する。
/etc/games is no good at canasta line 123.
/etc/games is no good, stopped at canasta line 123.
See section exit.

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man