Go to the first, previous, next, last section, table of contents.

alarm

`alarm(SECONDS)'
`alarm SECONDS'
指定した秒数(実際は 1 を引いたもの)が経過した後、 SIGALRM をプロセスに伝える。 つまり、 `alarm(15)' はそれから 14 秒以上経ったある時点で SIGALRM を起こす。 同時には一つのタイマーしかカウントできない。 コールする度に前のタイマーを使えなくするし、 また引数として 0 を与えると 新しいタイマーを開始せずに前のタイマーをキャンセルする。 返り値は前のタイマーに残っていた時間である。

Go to the first, previous, next, last section, table of contents. Ablenet レンタルサーバー FreeBSD4.x 日本語man