[Up] [Next] [Previous]  [Home]

キャッシュサーバ

フリーで利用できる最も代表的な WWW プロキシーサーバに Cern の httpd が あります。しかし、Cern Proxy WWWサーバは、キャッシング機能が弱いため、 サーバダウンのトラブルに見舞われやすいようです。(Apache httpd は評価が 必要です)

しかし、WWW のキャッシング専用プロトコルを装備した、プロキシーを専用に 請け負うためのソフトウェアが開発されています。一つは、コロラド大学の Harvest プロジェクトで開発された、Cached と呼ばれるプログラムで、WWW httpd のアクセラレータにもなります。Harvest Cached は、バージョン2.0 から商用化されています。もう一つは、Harvest Cached を改良したもので、 NLANR (National Laboratory for Applied Network Research) で開発された Squidと呼ばれる Cached があ ります。

Harvest Cached 2.0
http://www.netcache.com/

Squid
http://www.nlanr.net/Squid/
Harvest Cache と Httpdアクセラレータの技術的内容については、下記の URL を参照して下さい。

Cached の特徴

Squid Cached のインストール

Squid は、下記から入手できます。 Squid を入手したら、ファイルを展開し、configureを実行します。 すると、諸設定及びMakefile が自動的に作成されます。そして、 make allmake installを行ない、インストールします。

% ./configure --prefix=/usr/local/squid
% make all
% make install

Squid Cached の設定

Squid Cached の設定は、 squid.conf により行ないます。

http_port
HTTPクライアントを受け付ける TCP ポート番号を指定します。デフォ ルトでは、3128 が使用されます。

icp_port
隣接 Cached からの ICP を受け付ける UDP ポート番号を指定します。 デフォルトでは、3130 が使用されます。

tcp_incoming_address
クライアントや他のキャッシュからHTTP接続を受け付けるアドレスを 記述します。

tcp_outgoing_address
接続できるサーバや他のキャッシュのアドレスを記述します。

udp_incoming_address
他のキャッシュサーバから ICP を受ける付けるアドレスを記述します。

udp_outgoing_address
他のキャッシュサーバに ICP を送信できるアドレスを記述します。

cache_host
キャッシュホストを指定します。

cache_host hostname type proxy_port icp_port options

hostname キャッシュホスト名
type キャッシュのタイプ (parent あるいは neighbor)
proxy_port Proxy 用のHTTPポート番号
icp_port キャッシュオブジェクトについて問い合わせを行う ICP のポート番号、ICPを受け付けない場合は echo ポート(7) を利用する
options
  • 'proxy-only' は、このホストがローカルにキャッシュを保持 していない事を意味する
  • 'weight=n' は neighbor に対する重み付を行う。数字が大き い程、優先される(デフォルトは1)

cache_swap
キャッシュのディスク容量を指定します。

cache_dir
キャッシュ用ディレクトリを指定します。複数のパーティションにわ ける場合は複数行指定します。cache_dir行は100行まで記述できます。 それぞれ、1 GB のキャッシュを持つディスクがあった場合、下記のよ うに記述します。(全部で 4GB)

cache_dir /var/www_cache1
cache_dir /var/www_cache2
cache_dir /var/www_cache3
cache_dir /var/www_cache3
       
http_stop, gopher_stop, ftp_stop
キャッシュを行なわないURLを指定します。

http_stop http://www.foo.co.jp/
       
acl, http_access
アクセス制御を指定します。

192.178.1.0 〜 192.168.3.255 までのアクセスを許す場合、次のよう に記述します。

acl manager proto cache_object
acl localhost src 127.0.0.1/255.255.255.255
acl all src 0.0.0.0/0.0.0.0
acl foo src 192.178.1.0/24 192.178.2.0/24 192.178.3.0/24
acl SSL_ports port 443 563
acl CONNECT method CONNECT

#
http_access deny manager !localhost !kdd
http_access deny CONNECT !SSL_ports

#
http_access allow  foo

# Reply to all ICP queries we receive
icp_access  allow  foo
       
ttl_pattern
保存する期間を決定します。

Squid Cached の起動

squid デーモンを起動すると、squid、dnsserver、ftpget デーモンが起動し ます。

# /usr/local/squid/bin/squid &

もしくは、

# /usr/local/squid/bin/RunCache &

日本のパブリック Cached のリスト


[Up] [Next] [Previous]  [Home]