[Up] [Next] [Previous]  [Home]

動画像

WWWで標準的に使われているビデオフォーマットは、MPEG やQuickTime (クイッ クタイム)が使われます。MPEG、QuickTimeともムービトラックとサウンドトラッ クがあり、ビデオ再生時に音を出す事ができます。QuickTime はアップル社で 開発されたムービフォーマットでマッキントッシュやウィンドウズで利用でき ます。Unix の場合、xanim というツールでムービのみ表示できます。

WWWでビデオを取り込む一般的な方法も、外部メディアとして取り込みます。 そして、その接尾辞のついたファイルを外部イメージの時と同じように <A>(アンカー)タグでリンクします。

<A HREF="sample.mpg">ムービーサンプル</A>

ビデオフォーマット

WWWでは以下の主要なビデオフォーマットをサポートしています。

フォーマット 接尾辞
MPEG .mpeg, mpg
QuickTime .qt, .mov
Video for Windows .avi
WWWでサポートしているビデオ(ムービー)フォーマット


MPEG

MPEGはデジタルビデオコーデックとファイルフォーマットを決めたものです。 MPEGには、
  1. MPEG:MPEGビデオ (ビデオのみ)
  2. MPEGオーディオ:サウンドのみ
  3. MPEGシステム:ビデオとオーディオ
MPEGファイルは綺麗な絵が出るのですが、圧縮を戻すのが非常に遅いという欠 点があります。そのため、MPEG を表示するシステムは非圧縮部をハードウェ ア化するのが一般です(すなわち、再生部)。

QuickTime

QuickTime はアップル社で開発されたもので、ソフトウェアで十分再生可能で、 多くのシステムで利用できます。マッキントッシュでは MoviePlayerまたは SimplePlayer、Windows ではQuickTime for Windows、Xウィンドウでは、 Xanim プログラムが再生できます。

QuickTime は異なるコーデックをサポートしているため、ビデオフォーマット 変換のクロスプラットフォームにも使われています。

Video for Windows

Video for Windowsはマイクロソフト社で開発されたPC標準のムービーフォー マットです。Video for Windows は AVIファイルとも呼ばれていますが、再生 する機種がPCに限られているので、WWWの世界ではあまり使われていません。 Windows 95 で利用できる Microsoft Internet Explorer では AVI ファイル がインラインムービとして利用できます。

インラインビデオ(MSIEの場合)

マイクロソフト・エクスプローラでは、インラインビデオとして Video for Windows (.AVI)ファイルや3D画像(VRMLファイル)を張り付ける事ができます。 インラインビデオとVRMLファイルは DYNSRC属性を使用しますが、イ ンラインビデオをサポートしていないブラウザのために SRC属性で 静止画像を指定しておくことが望ましいようです。ビデオの再生の繰り返し 回数を指定できるLOOP属性も新たに付加されています。

DYNSRC=URL
インラインビデオまたはVRMLファイルを指定します。
START=FILEOPEN and/or MOUSEOVER
ビデオ再生の再生開始方法を指定します。 FILEOPENはファイルを開いたら、すぐ再生し、 MOUSEOVERはマウスカーソルが動画の上に置かれた時 に再生を開始します。両方を指定する事もできます。
CONTROLS
ビデオの制御バーが画像の下に現れます。
LOOP=n | INFINITE
ビデオの繰り返し再生回数をnで指定します。無限に繰 り返したい場合、INFINITEを指定します。
LOOPDELAY=n
繰り返し再生する場合のインターバル時間をミリ秒で指定しま す。
<IMG DYNSRC="foo.avi" SRC="foo.gif" WIDTH=100 HEIGHT=100
    LOOP=INFINITE ALIGN=RIGHT>


[Up] [Next] [Previous]  [Home]