[Up] [Next] [Previous]  [Home]

サウンド

サウンドもWWWページを彩る効果があります。様々なサウンドフォーマットが ありますが、いろいろなところで使用できるあるいはフォーマット変換用クロ スフォーマットとして利用できるサウンドフォーマットは、残念ながら、サンマイクロシステムズ社NeXT社で使用している AU フォーマットし かありません。他のフォーマットに変換するには、このAUフォーマットを介し て行うことになります。他に、WWWの世界で一般的なフォーマットとして、マッ キントッシュやシリコングラヒックス社 で利用されているAIFF、マイクロソフトWindows で利用されている WAV のサ ウンドフォーマットがあります。また、標準フォーマットとして、MPEGオーディ オフォーマットを使用する動きもありますし、MIDIファイルをサポートしてい るブラウザもあります。

サウンドフォーマット

WWWでは以下の主要なサウンドフォーマットをサポートしています。

フォーマット 接尾辞
AU/μ-law .au, .snd
AIFF/AIFC .aif, .aiff
WAV .wav
MPEG Audio .mp2
Macintosh "snd" .snd
WWWでサポートしているサウンドフォーマット


μ-law(mu-law)、AU

最も一般的かつ他のサウンドフォーマットへ変換するためのクロスプラットフォー ムになるものがμ-law(mu-lawミューローと発音します)です。このフォー マットは、Sun やNeXT が採用している標準フォーマットです。また、このμ- lawは、.auの接尾辞を付けたファイルで表されるため、AUファイル とも呼ばれます。

クロスプラットフォームとしてのμ-law は、8ビット、モノラルで8KHzのサン プリングでエンコードされます。

AIFF/AIFC

AIFFはAudio Interchange File Format の略で、アップル社 がマッキントッシュ用に開発 したサウンドフォーマットです。このフォーマットはシリコングラヒックス社 でも採用しています。AIFFは8または16ビットサンプリングで、モノラルもス テレオも可能です。

AIFCはAIFFを圧縮したもので、MACE(Macintosh Audio Compression / Expansion) と呼ばれる圧縮アルゴリズムを使用しています。

Windows WAVE

WAVEまたはRIFF WAVEフォーマットはファイルの接尾辞からWAV(ワブ)とも呼ば れています。このサウンドフォーマットはマイクロソフトとIBMがPC上の標準 フォーマットとして共同開発したもので、Windows 3.1で使用されています。 WAVE は可変型のサンプルレート、チャネルを持つフォーマットです。

MPEG Audio

もともとMPEGは Moving Picture Expert Group が開発した標準デジタルビデ オフォーマットです。このビデオフォーマットの中にオーディオトラックがあ りますが、このオーディオフォーマット部を MPEG Audio と呼びます。

サウンドの変換

異なるフォーマットを変換するには、 Lance Norskog氏が開発した Unix や PC で利用できる SOXと呼ば れるプログラムが一般的に使われています。このプログラムはAU、WAVE、AIFF、 Macintosh SNDフォーマット間を変換することができます。

また、共通フォーマット(μ-law)に変換して、他のフォーマットに変換すると いう方法あります。

プログラム名 プラットフォーム
SOX Unix, DOS
WAVany Windows
WHAM Windows
SoundAPP Macintosh
サウンド変換プログラム


サウンドの取り込み

WWWでサウンドを取り込む一般的な方法は、外部メディアとして取り込みます。 そして、その接尾辞のついたファイルを外部イメージの時と同じように <A>(アンカー)タグでリンクします。

<A HREF="konnichiwa.au">こんにちわ</A>

<BGSOUND> タグ

Microsoft Internet Explorer で利用できるBGSOUNDタグは、その ページを表示中に流すバックグランドサウンドを指定します。サポートしてい るサウンドフォーマットは、AU、WAV、MIDI形式があります。

<BGSOUND=URL LOOP=INFINITE>
SRC=URL
サウンドファイルを指定します。
LOOP=n | INFINITE
サウンドの繰り返し再生回数をnで指定します。無限に 繰り返したい場合、INFINITEを指定します。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]