[Up] [Next] [Previous]  [Home]

ターゲットウィンドウ

Netscape 2.0 では、ハイパーリンクをクリックした時に別のウィンドウを作っ て表示させる機能が付加されています。この機能は、ウィンドウスペースが足 りなくなった場合や、既存の書類と見比べて欲しい場合等に用いられ、ターゲッ トウィンドウと呼ばれています。

HTMLタグでは、TARGET="window_name" という属性として実現されてお り、<A>タグ、<BASE>タグ、<AREA>タグ、<FORM>タ グで使用できます。例えば、<A>(アンカー)タグの場合、以下のように 記述します。window_nameはウィンドウの識別名です。この名前が同じ 場合、同一ウィンドウに表示します。

<A HREF="url.html" TARGET="ウィンドウ名">ハイパーリンク</A>
AタグのTARGET
アンカーをクリックした場合、ブラウザは新たにウィンドウを作り、 そのウィンドウに書類を表示します。下記の例では、新しくウィンド ウが表示されますが、二つとも新ウィンドウ(GACCHA)に文書を表示し ます。

<A HREF="demo/gaccha.html" TARGET="GACCHA">リンク1</A><BR>
<A HREF="demo/puccha.html" TARGET="GACCHA">リンク2</A>
       

リンク1
リンク2

BASEタグのTARGET
BASEタグを設定しておくと、ターゲットウィンドウのデフォルト名を 指定できます。すなわち、全てのTARGETが指定していないハ イパーリンクはBASEで指定したウィンドウ(GACCHA)に表示します。

<HEAD>
<TITLE>Target Window (BASE)</TITLE>
<BASE TARGET="GACCHA">
</HEAD>
<BODY>
<H2><BASE>タグにおけるTARGET属性</H2>

<UL>
  <LI> <A HREF="gaccha.html">リンク1</A>
  <LI> <A HREF="puccha.html">リンク2</A>
</UL>
</BODY>
       

AREAタグのTARGET
クライアントサイドイメージ マップの機能で、AREAタグの中でハイパーリンクを行います。そ こでターゲットウィンドウ機能が使用できます。

<AREA SHAPE="shape" COORDS="x,y,..." HREF="url" TARGET="window_name">
       

FORMタグのTARGET
FROMタグでは実行結果をターゲッ トウィンドウに表示させることができます。

<FORM ACTION"url" TARGET="window_name">
       

フレーム機能とターゲットウィンドウ

フレーム機能とターゲットウィンドウ機能を組み合わせて使用すると、ユニー クなページを作成することができます。

メインのフレームページを次のように作成します。下記に、左のフレームに目 次を、右のフレームにその内容を表示させるフレーム例を説明します。

まず、メインとなるフレームページを次のように記述します。

<FRAMESET COLS="30%,70%">
  <FRAME SRC="toc.html" NAME="frame1">
  <FRAME SRC="pref.html NAME="frame2">
</FRAMESET>
そして、toc.htmlの中で下記のように、TARGET名(表示先ウィンドウ名) を右フレームのウィンドウ名としたハイパーリンクを記述することで、章を選 択した時にその内容が右のフレームに表示されます。

<A HREF="chap1.html" TARGET="frame2">第一章</A><P>
<A HREF="chap2.html" TARGET="frame2">第二章</A><P>
<A HREF="chap3.html" TARGET="frame2">第三章</A><P>
<A HREF="chap4.html" TARGET="frame2">第四章</A><P>
<A HREF="app.html" TARGET="frame2">付録</A><P>

デモ (Netscape 2.0用)

ターゲットウィンドウの予約名

ターゲットウィンドウ名は必ず英数字で始まる必要がありますが、以下の特殊 な名前が予め予約されています。

TARGET="_blank"
これは、新しい空のウィンドウを作成します。このウィンドウに名前 はありません。

TARGET="_self"
クリックしたウィンドウに表示させます。

TARGET="_parent"
この書類を表示しているセルウィンドウを作成した親 FRAMESET ウィ ンドウに表示します。

TARGET="_top"
セルウィンドウのフルボディに書類を表意します。すでにトップにい れば、_selfと同等になります。深い FRAME ネストを解除す る場合に便利です。

下らないデモ


[Up] [Next] [Previous]  [Home]