[Up] [Next] [Previous]  [Home]

HTMLタグ

WWWの書類はHTMLで記述されたプレーンテキストで、書類の中身(テキスト)と 書類の要素、構造、フォーマット、ハイパーテキストリンクを表すためのHTML タグから構成されています。ほとんどのHTMLタグは一般的に次のように記述し ます。

<タグ名> 影響するテキスト </タグ名>

HTMLタグは一般的に開始タグと終了タグを持ち、影響させたい(例えば、ボー ルドにするとかヘッダであること表す)テキストを挟みます。終了タグは普通 タグ名の前にスラッシュ(/)を置きます。

しかし、全てのHTMLタグが開始タグと終了タグを持っているわけではありませ ん。いくつかの終了タグを省略したり、タグは<タグ名>だけというもの があります。また、かぎ括弧の中に属性(オプション)やテキストを入れる場合 もあります。タグの詳しい内容についてはこれから読み進んでいけばわかると 思います。

全てのHTMLタグは大文字・小文字の区別がありません。大文字、小文字をミッ クスして指定しても問題ありません。例えば、<TITLE><title><TiTLe>も同じものです。初心者は 文書内容と区別するために、HTMLタグは大文字で表した方がよいと思います。

また、タグが入れ子になった場合にタグの順番を間違えると、思った通りの効 果が得られません。この点は、特に注意しなければなりません。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]