[Up] [Next] [Previous]  [Home]

文書の構造を表すタグ

HTML文書は構造を持つと前にお話ししました。この基本構造は、ヘッダ情報と 本文から構成されています。その基本構造を表すためのタグが3つあります。

HTML文書の基本構造図
HTML文書の基本構造図

<HTML> (HTML文書)

HTML文書の最初に指定するドキュメント構造を表すタグです。 <HTML>タグは、このファイルの中身がHTML言語で記述されて いることを表しており、全ての文書やHTMLコマンドはこの <HTML></HTML>タグに挟まれています。

<HTML>
文書やHTMLコマンド
</HTML>

<HEAD> (ヘッダ部)

<HEAD>タグは書類のタイトルや特徴などの書類情報を記述し、 <HEAD>(開始タグ)と</HEAD>(終了タグ)で囲 まれた部分でHTML文書のヘッダ部を構成します。ヘッダ部で記述される内容は、 ブラウザの本文には表示されません。

ヘッダ部で用いられる最も一般的なタグは、書類のタイトルを記述する <TITLE>タグです。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>この書類のタイトル</TITLE>
</HEAD>
.....
</HTML>

ヘッダ部には以下のタグを置く事がができます。

<BODY> (本文)

<BODY>タグはHTML文書の本文を表します。 <BODY></BODY>に囲まれた部分に全てのテ キスト、HTMLコマンド、図等を置きます。

<HTML>
<HEAD>
<TITLE>この書類のタイトル</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
ここは本文です。
</BODY>
</HTML>

Netscape では、BODY タグを拡張して、 BACKGROUNDBGCOLORTEXT、LINK、VLINK属性や背景 図、背景色や前景色を指定する機能が付加されています。

マージン

マイクロソフトエクスプローラでは、書類のマージンを指定する属性が <BODY>タグに付加されています。

LEFTMARGIN=n
左マージンを指定します。n はピクセル値
RIGHTMARGIN=n
右マージンを指定します。n はピクセル値
TOPMARGIN=n
トップマージンを指定します。n はピクセル値
<BODY LEFTMARGIN=100 RIGHTMARGIN=100 TOPMARGIN=100>


[Up] [Next] [Previous]  [Home]