[Up] [Next] [Previous]  [Home]

スクリプトタグ

Netscape やマイクロソフトエクスプローラでは HTML書類の中にJavaScriptや Visual Basic と呼ばれるスクリプト言語を埋め込む事によってプログラミン グが可能となりました(2.0b3以前はJavaScript を LiveScriptと呼ばれていま した)。

ここでは、JavaScript を中心に解説したいと思います。筆者の感想では Java より簡易に使う事が可能であると思います。JavaScript のより詳しい内容は、 以下のURLを参照してください。

<SCRIPT>タグ

書類の中にJavaScriptや Visual Basic を埋め込む場合、以下の <SCRIPT> タグを用います。SCRIPTタグはヘッダ部 内に記述し、以下の属性があります。

<SCRIPT LANGUAGE="language" SRC=url>
.....
</SCRIPT>
LANGUAGE
これはSRC属性がない場合、必須属性となります。スクリプ トの言語名を記述します。

SRC
スクリプトファイル名を記述します。SRC で記述されたスクリプトは ぺージ中にあるスクリプトの前に実行されます。
例えば、JavaScript で、最も単純なスクリプトとして『こんにちわ、世界 (Hello World)』は以下のように記述します。

<HTML>
<HEAD>
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!-- こんにちわ世界のスクリプト言語 -->
document.write("Hello World")
</SCRIPT>
</HEAD>
<BODY>
『こんにちわ、世界』
</BODY>
 </HTML>

スクリプトで定義された変数への入力は、FORMタグ等が用いられま すが、JavaScript のためにいくつかHTML属性、要素が追加拡張されたり、 新たなタグが追加されています。

<NOSCRIPT>タグ

JavaScript をサポートしていないブラウザのために、 <NOSCRIPT>タグで囲まれた中にHTMLを記述します。

JavaScript オブジェクト

JavaScript はシンプルなオブジェクト指向言語です。

イベントハンドラ

Java スクリプトではユーザが起こした行動(例えば、マウスをクリックする) をハンドルできます。イベントハンドラはHTMLの FORM タグの属性を使って記 述されます。現在、次のイベントをサポートしています。

例えば、hello()という関数をクリックによって実行させる場合、
<INPUT TYPE="button" VALUE="HelloWorld" onClick="hello(this.form)">
のように記述します。ここで、注意したいのはthis.formを使う点です。 まず、thisというキーワードは現オブジェクトを参照しています。従っ て、this.formは、ボタンに含まれているフォーム表すことにあります。

Proxy 自動コンフィギュレー ションについて

JavaScript を使って、Netscapeナビゲータでは Proxyサーバの設定に柔軟性を 持たせる方法があります。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]