[Up] [Next] [Previous]  [Home]

オブジェクトタグ

HTML文書の中にJava アプレット等のマルチメディアオブジェクトやモーバイ ルコード(アプリケーション)を埋め込むために、例えば、Netscape 社では <EMBED>タグを、Sun Microsystems 社では、<APP><APPLET>タグが提案されてきました。

このように独自の拡張をしていくと、統一性が取られなくなるので、マルチメ ディアオブジェクトを埋め込む共通のタグとして、<OBJECT> タグが、W3C で検討されています。 ["Inserting objects into HTML"]

マルチメディアオブジェクトとしては、Java、Microsoft Visual Basic、Python 等が考えら れます。
<OBJECT>タグの一般的なフォーマットは次のようになります。 <OBJECT>タグでオブジェクト名と表示の方法を指定し、 <PARAM>タグでオブジェクトに渡し引数を指定します。

<OBJECT
    CLASSID="string"
    CODE="string"
    WIDTH=number
    HEIGHT=number
    ALIGN="string">

  <PARAM NAME=name VALUE="string">

  ...more <PARAM> tags...

  ...alternative contents...

</OBJECT>
他にも、TYPENAMEDECLAREDATAALIGNHSPACEVSPACE等の属性が付加できます。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]