[Up] [Next] [Previous]  [Home]

見出し<Hy>

見出しはテキストの節を分割するために使われます。HTMLの見出しはH1からH6 までの6つのレベルがあります。そして、見出しの数字が小さいほど大きなフォ ントまたは太文字で表示されます。見出しの記述方法は、見出しのテキストを 『<Hy>見出し<Hy>』 のように見出しタグで囲みます。yは見出しレベルを表し、開始タグと 終了タグは同一レベルでなくてはなりません。

6つの見出しレベルは、次のようにのように利用するとよいでしょう。ただし、 見出しには自動的に章、節番号を振る機能がないので、自分で数字を管理しな ければなりません。(HTML 3.0以降で、自動番号付け機能が付加されると思わ れます)

  1. <H1>
  2. <H2>
  3. <H3>
  4. 小見出し <H4>
  5. 小小見出し <H5>
  6. 低いレベルの表題 <H6>
全ての見出しレベルは次のようになります。
<H1>This is level one heading.</H1>
<H2>This is level two heading.</H2>
<H3>This is level three heading.</H3>
<H4>This is level four heading.</H4>
<H5>This is level five heading.</H5>
<H6>This is level six heading.</H6>

This is level one heading.

This is level two heading.

This is level three heading.

This is level four heading.

This is level five heading.
This is level six heading.
残念ながら、日本語Mosaicの場合、ブラウザのフォント指定の問題で3段階し か表示されません。将来フォントが増えたり、アウトラインフォントを使用す ることができれば、英語の場合と同じように表示できると思います。但し、印 刷した場合は6段階のフォントで印刷されます。
<H1>これはレベル1の見出しです</H1>
<H2>これはレベル2の見出しです</H2>
<H3>これはレベル3の見出しです</H3>
<H4>これはレベル4の見出しです</H4>
<H5>これはレベル5の見出しです</H5>
<H6>これはレベル6の見出しです</H6>

これはレベル1の見出しです

これはレベル2の見出しです

これはレベル3の見出しです

これはレベル4の見出しです

これはレベル5の見出しです
これはレベル6の見出しです
<Hy>タグは見出しとしての機能に加え、 <Hy>タグが文書全体にも影響を与えることができるため、文書 のフォントサイズを変える場合にも用いられます。しかし、この機能は HTML2.0においてフォントサイズを指定するHTMLタグが存在しないための一時 的な手段だと思われます。Netscape では、フォントサイズを変更するために <FONT>タグが用意されています。そもそも <Hy>は見出しを表すタグですから、 <FONT>タグを使用して下さい。

<Hy    ALIGN=left|center|right>

ALIGN属性で見出しの位置を左(left)、右 (right)、中央(center)で指定できます。

<Hy ALIGN=RIGHT|CENTER|LEFT> (yはレベル)

<H2 ALIGN=LEFT>左寄せの見出し</H2>
<H2 ALIGN=CENTER>中央寄せの見出し</H2>
<H2 ALIGN=RIGHT>右寄せの見出し</H2>

左寄せの見出し

中央寄せの見出し

右寄せの見出し

見出しの重ね書き

見出しを重ね書きした場合、内側の見出しレベルが使用されるようです。

<H1><H3>H1 and H3 overlap</H3></H1>

H1 and H3 overlap

シーケンス番号 <Hy   SEQNUM>

見出しタグに SEQNUM 属性を用いることによって、シーケンス番号 を付加することが可能です。

<H1 SEQNUM>レベル1の見出し</H1>
<H2 SEQNUM>レベル2の見出し</H2>
<H2 SEQNUM>レベル2の見出し</H2>
<H3 SEQNUM>レベル3の見出し</H3>
<H3 SEQNUM>レベル3の見出し</H3>
<H3 SEQNUM>レベル3の見出し</H3>
<H2 SEQNUM>レベル2の見出し</H2>

レベル1の見出し

レベル2の見出し

レベル2の見出し

レベル3の見出し

レベル3の見出し

レベル3の見出し

レベル2の見出し

Grail の場合、 レベル2の見出しからシーケンス番号が付加されます。

  1.2.3.4.5.
| | | | | |__________________ レベル6
| | | | |____________________ レベル5
| | | |______________________ レベル4
| | |________________________ レベル3
| |__________________________ レベル2
|____________________________ レベル1

飾り文字 <Hy    DINGBAT>

見出しの前に飾り文字を付ける場合に、DINGBAT 属性を用います。 デフォルトでは、disc(黒丸)、circle(白丸)、 square(四角)の飾り文字が付けられます。

<H2 DINGBAT=disc>Disc Head</H2>
<H2 DINGBAT=circle>Circle Head</H2>
<H2 DINGBAT=square>Square Head</H2>

Disc Head

Circle Head

Square Head

また、アイコンエンティティを指 定することもできます。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]