[Up] [Next] [Previous]  [Home]

数式タグ

数式は、HTML 3.0 で利用できますが、ブラウザとしては Arena や W3 for Emacs のみが一部をサポートしているのみです。

数式は、<MATH></MATH>の中に記述します。 数式は斜字体で表されます。数式タグの中では、数式専用のシンボルや式が扱 えます。なお、数式ではスペースが意味を持ちません。

数式タグは非常に怪しい部分です。 例の通り行っても表示されない可能性があります。

式全体に効果を及ぼす場合は、"{"と"}"で囲みグループ化します。下記に数式 の例を示します。

肩付きと下付き
肩付きの場合、"^"または"<SUP>で囲みます。下付き の場合、"_"または"<SUB>で囲みます。例としては、 肩付きはX^Y^、下付きはX_Y_とします。
分数
X <over> YY <over> {1 <over> X}
平方根
<sqrt></sqrt>
大きな括弧
(<left><right>)

HTML 3.0 で指定できる数式

数式のシンボル

ギリシア文字は次の通りです。


ギリシア文字

数式記号は次の通りです。


数式記号


[Up] [Next] [Previous]  [Home]