[Up] [Next] [Previous]  [Home]

Javaのタグ

Java はサンマイクロシステムズ社が開 発したオブジェクト指向プログラミング言語です。Java を使用する事によっ て、インタラクティブなアプリケーションを WWW 上に構築することができま す。

Java は1.0α版と1.0β版があり、後者が最新1.0βの Java の仕様です。

Java のアプリケーションはアプレットと呼ばれるもので、HTML 書類の中で呼 び出すにはα版の場合は<APP>タグを、β版の場合は <APPLET>を使用します。シンタックスは次の通りです。


α版:

<APP CLASS   =   "クラス名"
        SRC     =   "クラスが含まれているURLまたはディレクトリパス"
        ALIGN   =   "bottom | middle | top"
        WIDTH   =   "表示するアプレットの幅(ピクセル)"
        HEIGHT  =   "表示するアプレットの高さ(ピクセル)"
        アプレットで使用する属性 = "値"
>
β版:
<APPLET CODE       =   "クラス (foo.class)"
        CODEBASE   =   "クラス (classes)"
        CODEBASE   =   "クラス (path/classes)"
        ALIGN   =   "bottom | middle | top"
        WIDTH   =   "表示するアプレットの幅(ピクセル)"
        HEIGHT  =   "表示するアプレットの高さ(ピクセル)"
        ALT     =   "テキスト"
        NAME    =   "アプレットインスタンス名"
        VSPACE  =   "縦の空きスペース(ピクセル)"
        HSPACE  =   "横の空きスペース(ピクセル)"
>
<PARAM NAME=属性名1 VALUE=値1>
<PARAM NAME=属性名2 VALUE=値2>
</APPLET>
例えば、次のように記述します。

α版では、

<HTML>
<HEAD>
  <TITLE>Simple Applet</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
  <APP CLASS="SimpleApplet">
</BODY>
</HTML>

β版では、

<HTML>
<HEAD>
  <TITLE>Simple Applet</TITLE>
</HEAD>
<BODY>
  <APPLET CODEBASE="classes" CODE="SimpleApplet.class">
  </APPLET>
</BODY>
</HTML>

のように記述します。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]