[Up] [Next] [Previous]  [Home]

スタイルシート
〜 カスケード・スタイルシート 〜

HTML ではフォーマット方法(例えば、見出しの位置、色、フォント、サイズ等) をスタイルシートと呼ばれる方式で定義できます。

現在、スタイルシートの記述方法には主な方法として二つの方法が提案されて います。一つは、CSS (Cascading Style Sheets)と呼ばれるもので、 Håkon Lie 氏 (howcome@w3.org)、Bert Boss (bert@w3.org) 氏等によって提案されている方法です。もう一つは DSSSL-Lite と呼ばれるSGML WGで検討中のスタイル作成方法です。

CSS (Cascading Style Sheets)
CSSを使ったスタイルシートは、ヘッダ部の<STYLE></STYLE>タグ内に記述します。このスタイルシートは Arena、Emacs-W3 ブラウザ、マイクロソフトエクスプローラ等に実装 されています。

DSSSL-Lite (DSSSL: Document Style Semantics and Specification Language)
DSSSL-Lite は DSSSL のサブセットです。DSSSL は Scheme と呼ばれ る言語 (Lispの方言)をベースとしたものです。見出しではカウンタを サポートすることができます。しかし、現時点では、どのブラウザに も実装されていません。詳細は以下のURLを参照して下さい。

DSSSL
http://www.jclark.com/dsssl/
DSSSL-Lite
http://www.falch.no/~pepper/DSSSL-Lite/

ここでは、スタイルシートで最も有力な方法、CSS レベル1 (CSS1)について解 説致します。( http://www.w3.org/pub/WWW/TR/WD-css1.html)

  1. CSS1の基本

  2. プロパティ
    1. フォントプロパティ
    2. 色と背景プロパティ
    3. テキストプロパティ
    4. レイアウトプロパティ
    5. 境界線、罫線プロパティ
    6. その他のプロパティ


[Up] [Next] [Previous]  [Home]