[Up] [Next] [Previous]  [Home]

<TEXTAREA>タグ

TEXTAREAタグは、複数行にわたる記入テキストフィールドを作る際 に用いられます。TEXTAREAには次の属性があります。

TEXTAREA要素は必ず終了タグ</TEXTAREA>が必要 で、次のように指定します。作成されたテキストフィールドには自動的にスク ロールバーが表示されます。

<TEXTAREA NAME="foo" ROWS=4 COLS=40></TEXTAREA>
また、開始タグと終了タグとの間にテキストを入れると、デフォルトでそのテ キストがテキストフィールドに挿入されます。

あなたの長所を教えて下さい:

あなたの短所を教えて下さい:

あなたの名前を教えて下さい:

このボタンを押すと、実行します:

このボタンを押すと、フォームを消去します:

画面

<FORM METHOD="POST" ACTION="/cgi-bin/post-query">

あなたの長所を教えて下さい: <P>
<TEXTAREA NAME="positive" ROWS=10 COLS=50></TEXTAREA> <P>
あなたの短所を教えて下さい: <P>
<TEXTAREA NAME="negative" ROWS=2 COLS=20></TEXTAREA> <P>
あなたの名前を教えて下さい: <P>
<TEXTAREA NAME="username" ROWS=1 COLS=40>Your Name Here</TEXTAREA> <P>

このボタンを押すと、実行します: <INPUT TYPE="submit"
	VALUE="実行"> <P>
このボタンを押すと、フォームを消去します: <INPUT TYPE="reset"
        VALUE="リセット"> <P>

</FORM>

<TEXTAREA>タグのテキスト折り返し

TEXTAREAタグの WRAP オプションによって、テキスト折り返し方法 を指定できます。

<TEXTAREA WRAP=OFF>
テキストは入力された通りに送られます。デフォルトの設定です。
<TEXTAREA WRAP=VIRTUAL>
表示はフィールド枠に応じて折り返しがされますが、テキストを サーバ側に送信する時に入力された通りに送られます。
<TEXTAREA WRAP=PHYSICAL>
表示はフィールド枠に応じて折り返しがされますが、テキストを サーバ側に送信する時にテキストはフィールド内で改行されたとおり に送られます。
WRAP=OFF:

WRAP=VIRTUAL:

WRAP=PHYSICAL:


[Up] [Next] [Previous]  [Home]