[Up] [Next] [Previous]  [Home]

NPHスクリプト

WWWではHTTP手順を使わないで応答するために、NPH(No Parse Headers)と呼 ぶ特別なタイプのスクリプトが実行できます。NPHはクライアントにHTTP手順 を返さずに直接応答することができます。そのため、NPHスクリプトはHTTPと 同等のステータスコード、ヘッダ、エンティティボディ等を含んでいます。


NPHスクリプトの処理の流れ

なお、NPHスクリプトはファイル名がnph-で始まる必要があります (NCSA httpd の場合)。

例えば、状態コード200 (OK)を返すスクリプトは次のようになります。

#!/usr/bin/perl

print <<END;
HTTP/1.0 200 OK
Server: nph-okok.pl via NCSA httpd/1.42
Content-type: text/plain

OK.OK.
END

NPHスクリプトは直接クライアントに応答する事によって、サーバがサポート していない機能を付加したり、処理のスピードアップ、クライアントがデータ をバッファリングしてしまうのを防ぐ効果があります。


[Up] [Next] [Previous]  [Home]